就業規則はなぜ必要?

就業規則は、なぜ作成するのでしょうか?

「労働基準法に定められているから」。

確かにその通りです。 常時10名以上の労働者を使用する使用者は、労働基準法により就業規則の作成が義務づけられています。つまり、就業規則作成は、人を使って事業を営むうえでの責務となっているのです。

では、就業規則を法的義務という位置づけだけで捉えていいものでしょうか?

もしそうだとすると、就業規則は、強制されて仕方なく作成するものということになります。

しかし、就業規則の位置づけは、それだけにとどまるものではありません。 実は、この就業規則の位置づけをどう考えるかによって、人材活用や処遇のあり方が大きく異なってくるのです。法的義務ということを超えて、就業規則のあり方をしっかり考え、 作成する必要があるのです。