本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

就業規則作成講座working rule

時間外労働と就業規則Part3(3)

タイムカードの打刻時刻ではなく、実際の業務開始・終了時刻を労働時間として捉えたいという場合、タイムカードの打刻とは別に、始業時刻、終業時刻を申告させ、それを管理職が認定するという方法があります。

もちろん、申告する時刻を管理者が「指導」するようなことがあってはなりません。

賃金未払い残業の問題につながります。

そのことと通じますが、タイムカードの打刻時刻と、上記の申告時刻に著しいかい離が生じるということがしばしばあるような状態にしてもいけません。

終業後、雑談が長引いてしまったとかいうことがたまにある分には許容範囲と思われますが、それが頻繁になると、これも賃金未払い残業の疑いがもたれます。

一方、本当にただの雑談だったとしたら?

そもそもそのようなことを許してはならないでしょうね。

前へ  次へ

関連リンク

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart1(1)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart1(2)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart1(3)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart2(1)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart2(2)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart3(1)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart3(2)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart3(3)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart3(4)


就業規則作成講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp