本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

就業規則作成講座working rule

時間外労働と就業規則Part1(1)

時間外労働とは、元々決めてあった時間を超えて労働させることです。

そして時間外労働に対しては割増賃金を支払わなければなりません。

当たり前のことを言っているようですが、子細にみていくと、いろいろと考えなくてはいけない問題があり、また、誤解も案外多いようです。

そのような問題のいくつかを取り上げてみていきましょう。


◆法定時間外、法内時間外

時間外労働に対して割増賃金を支払わなくてはならないと書きましたが、実はこの表現は曖昧な部分を残しています。

ここでいう時間外労働は「法定時間外労働」を指します。

法定労働時間は労働基準法により1日8時間、1週40時間と定められています。

この時間を超えた時間外が「法定時間外労働」となります。

前へ  次へ

関連リンク

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart1(1)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart1(2)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart1(3)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart2(1)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart2(2)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart3(1)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart3(2)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart3(3)

時間外労働と就業規則の関係を考えるPart3(4)


就業規則作成講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー


無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp