本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

就業規則作成講座working rule

就業規則とは何か(2)

<労働者代表の意見を聞かなくてはならない>

就業規則の作成・変更を行ったときは労働者の過半数代表者(過半数を代表する労働組合がある場合はその労働組合、ない場合は過半数代表者)の意見を聞かなくてはなりません。

過半数代表者に管理職がなることはできません。

また、選出にあたっては、何のために選ぶのかを明示した上で、投票、挙手などの方法によらなくてはなりません。会社が指名してはいけません。

また、労働組合はあるけど、組合員が過半数に満たない場合は、別途過半数代表者を選ばなくてはなりません。
逆に、労働組合は複数あるが、そのひとつの組合だけで過半数を網羅している場合は、その意見だけを聞けばOKです。

現実には、全く無視することは望ましくありません。
就業規則に限ればそれでも問題ありませんが、少数組合にも団体交渉権はありますから、もし団交の申し入れがあったら応じなくてはいけません。

対応を誤ると、労使紛争につながりかねないので、注意が必要です。

<労働基準監督署に届け出る>

その上で、所轄労働基準監督署に、労働者代表の意見書を添付して届け出ます。

労働者代表が反対意見を述べても、反対意見を記した意見書を添付すればOKです。
同意は要件になっていません。

とは言え、労働者の過半数代表が反対している就業規則を強行することは、労務管理上も労使関係上も望ましくありません。
協議を尽くして、理解を得ることが大切です。

もし過半数代表が、意見を述べること自体にも反対したらどうなるのでしょうか。
その場合、意見を求めたことが客観的に明らかになる書面を添付します。

<「場所」が作成の単位>

就業規則の作成・届出は、「事業場」単位です。
会社全体ではなく、場所を単位とします。

従って、支店などの事業場に常時10人以上の労働者がいる場合は、事業場ごとに作成・届出をしなくてはなりません。
ただし、届出に関しては、各事業場の就業規則の内容が同じなら本社で一括して行うことができます。

<社内に周知すべし>

作成・変更した就業規則は、社内に周知させなくてはなりません。

周知の方法は、常時見やすい場所に掲示する、印刷物を配布する、イントラネットなどで閲覧できるようにするなどの方法が考えられます。

既にインフラがあるのなら、ネット経由で閲覧できるようにするのが、一番安価ですし、アップデートもすばやくできます。

ただ、セキュリティの問題には注意が必要です。
(就業規則にどの程度まで具体的な内容を盛り込むかにもよりますが)。
また、いわゆる「デジタル・デバイド」にも配慮が必要でしょう。

前へ  次へ

関連リンク

何のための就業規則?就業規則の役割を確認(1)

就業規則とは何か(1)

就業規則とは何か(2)

就業規則の不利益変更を考える


就業規則作成講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp