本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

メンタルヘルス対応の就業規則working rule

ステージ3−1:治癒、業務復帰(5)

◆賃金などはどうする?

出社訓練、リハビリ勤務期間中の賃金などはどうすればよいのでしょうか?

これは、この期間を「休職期間中」と位置付けるか、「復職」と位置付けるかによって異なってくると考えていいでしょう。

休職期間中という位置づけであれば、休職期間中の賃金に関する就業規則の決め方にのっとります。

◆休職期間中の賃金などの扱いは?

この点についてのお話をしていませんでしたね。

これについてどうするかは、会社が自由に決めて構いません。
有給、無給、どちらでもいいということです。

ただ、これまでは有給だったのを、無給に変更する場合は、「不利益変更」ということになりますので、注意が必要です。

いずれにしろ、就業規則に次のようなことを決めておく必要があります。

・賃金(有給か無給か)
・賞与(支払の対象にするか、しないか)
・賃金改定(実施するか、しないか)
・退職金(休職期間を退職金の勤続期間に入れるか、入れないか)

また、年次有給休暇は、休職期間中は発生しません。
復職後は、年休付与時の直近の出勤率に基づいて付与します。休職期間中は、出勤にはなりません。

注意しなくてはならないのは、勤続年数の扱いです。
休職期間といえども、会社に在籍しているわけですから、勤続期間に入ります。

したがって、休職期間も含めた勤続年数に対応した休暇日数を付与しなくてはなりません。 具体的には、次のようになります。

・休職入り(勤続3年6ヶ月)
・1年後復職(勤続4年6ヶ月)  
→直近の出勤率は0のため、年休付与は0

・復職1年経過(勤続5年6ヶ月)  
→出勤率8割以上なら、年休付与は18日

前へ  次へ

関連リンク

はじめに

ステージ1:メンタルヘルス不調状態の兆候、発症(1)

ステージ1:メンタルヘルス不調状態の兆候、発症(2)

ステージ2:会社を休む、休ませる(1)

ステージ2:会社を休む、休ませる(2)

ステージ2:会社を休む、休ませる(3)

ステージ3−1:治癒、業務復帰(1)

ステージ3−1:治癒、業務復帰(2)

ステージ3−1:治癒、業務復帰(3)

ステージ3−1:治癒、業務復帰(4)

ステージ3−1:治癒、業務復帰(5)

ステージ3−1:治癒、業務復帰(6)


就業規則作成講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp