本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

就業規則作成講座working rule

就業規則の実際(45)〜賃金(5)

◆全額払いの原則

賃金は全額本人に支払わなければなりません。

いわゆる「ピンはね」は違法です。

日雇い派遣で、日給から「データ装備費」と称する経費が差し引かれていたことが問題になりました。

これは、その費目自体の不透明さとともに、全額払いの原則に反する疑いが問題となったのです。

ただし、全額払いには次のように例外が2つあります。

  1. 法令に定めのあるもの
    源泉所得税や社会保険料などです。
  2. 労使協定のあるもの
    過半数労働組合または過半数代表者と書面で協定を結んだものについては、賃金からの控除が可能です。 社員食堂の利用料、財形貯蓄などの積立金などが一般的です。

◆毎月払いの原則

賃金は毎月1回以上支払わなくてはなりません。
年俸制であっても、実際の賃金支払は毎月行わなくてはなりません。

ただし、賞与や臨時の賃金は除きます。

たとえば、一定期間の勤怠状況に応じて支払う「精勤手当」などは、1ヵ月を超えて算定する方が適切であれば、毎月支払わなくても構いません。
しかし、その必要性がなく、ただ毎月払いの適用を回避するためだけである場合は、違法となります。

◆一定期日払いの原則

賃金は「毎月○○日」というように、期日を定めて支払わなくてはなりません。

日にちが特定されていなくても、たとえば、週給制で「毎週金曜日」とか、月給制で「毎月末日」という定め方は問題ありません。

しかし、月給制で、「毎月第3金曜日」とか、「毎月20日から25日の間」という定め方はできません。

また、支払日が休日になる場合、支払日を繰り上げ・繰り下げすることは問題ありません。

前へ  次へ

関連リンク

(41)賃金(1)

(42)賃金(2)

(43)賃金(3)

(44)賃金(4)

(45)賃金(5)

(46)賃金(6)〜休業手当と平均賃金

(47)賃金(7)〜賃金の非常時払い、端数計算

(48)賃金(8)〜均衡処遇と賃金


就業規則作成講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp