本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

就業規則作成講座working rule

就業規則の実際(44)〜賃金(4)

◆直接払いの原則

賃金は直接本人に支払わなくてはなりません。

口座払いの場合は、その口座が本人のものであれば問題ありませんが、注意が必要なのが現金払いの場合です。

直接払いですから、代理人に支払うことも禁じられています。

賃金支払日に本人が会社を休み、代理人が受け取りに来ても、絶対渡してはなりません。
たとえ委任状があっても、です。

また、賃金の差し押さえも、裁判所の命令などの場合を除いて禁止されます。

ただし、「使者」への支払は認められています。
これは、本人の支配下にあると認められる妻や子が本人の印鑑を持参し、本人名義で受領するような場合を指します。

しかし、これは個人的な感想ですが、「妻」、「子」であることを誰が証明するのかという点が問題ですよね。

その社員と相当親しいお付き合いをしていればともかく、そうでなければ、「私は御社の○○の妻です」と言ってきても、それをどう確認するのか?
住民票などの血縁関係を証明する書類と、本人確認できる証明書(免許証など)を見せてもらわないと、迂闊に払うことはできません。

もし会社が、使者にならない人に支払ってしまったら、改めて本人に賃金を支払わなくてはなりません。

こうしたことを考えると、賃金はできるだけ口座振込みにするのが良いように思います。 (もちろん、本人同意が前提です)

前へ  次へ

関連リンク

(41)賃金(1)

(42)賃金(2)

(43)賃金(3)

(44)賃金(4)

(45)賃金(5)

(46)賃金(6)〜休業手当と平均賃金

(47)賃金(7)〜賃金の非常時払い、端数計算

(48)賃金(8)〜均衡処遇と賃金


就業規則作成講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp