本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

就業規則作成講座working rule

就業規則の実際(43)〜賃金(3)

◆賃金支払の5原則

労働基準法では、賃金支払に関する規定をおき、賃金が確実に労働者の手元に渡るようにしています。

これを「賃金支払の5原則」といいます。

  1. 通貨払いの原則
  2. 直接払いの原則
  3. 全額払いの原則
  4. 毎月払いの原則
  5. 一定期日払いの原則

労働基準法 第24条
 賃金は、通貨で、直接労働者に、その全額を支払わなければならない。
ただし、法令若しくは労働協約に別段の定めがある場合又は厚生労働省令で定める賃金について確実な支払の方法で厚生労働省令で定めるものによる場合においては、通貨以外のもので支払い、また、法令に別段の定めがある場合又は当該事業場の労働者の過半数で組織する労働組合があるときはその労働組合、労働者の過半数で組織する労働組合がないときは労働者の過半数を代表する者との書面による協定がある場合においては、賃金の一部を控除して支払うことができる。

A賃金は、毎月1回以上、一定の期日を定めて支払わなければならない。
ただし、臨時に支払われる賃金、賞与その他これに準ずるもので厚生労働省令で定める賃金については、この限りでない。

◆通貨払いの原則

賃金は現金で支払わなくてはなりません。

現実には、口座振込みにしている会社が多いと思いでしょう。
しかし、念頭におかなくてはならないのは、口座払いはこの「通貨払いの原則」の例外だということです。

ではどのような場合に認められるかというと、次の通りです。

  1. 本人の同意がある
  2. 本人名義の口座に振り込む
  3. 賃金支払日の午前10時までに引き出し可能である

「同意」と言っても、改めて「同意書」を書いてもらう必要まではありません。

たとえば本人が、「給与振込み申請書」などの用紙に口座番号などの必要事項を記入して提出すれば、それで同意となります。

最大のポイントは「本人名義の口座」という点です。
ここはきちんとチェックしましょう。

また給与を現物支給する場合は、労働組合との労働協約が必要です。
(労使協定ではありません。)

最近は少なくなりましたが、業績不振で給与の代わりに自社製品を支給するということを、会社が一方的にやることはできません。

これは、誰が考えても問題だということが分かります。
間違えやすいのが、次の2つ。

<小切手>

これも現物支給になります。 ただし、退職金については一定の要件を満たせば小切手払いが認められます。

<通勤定期>

通勤手当の支給に変えて通勤定期を会社が購入して従業員に渡すのも、現物支給の扱いになります。

従業員の便宜をはかっているつもりでも、労働協約なしにやると、法違反となりますので注意してください。

労働協約は労働組合でないと締結できません。(この点が、過半数代表者が締結できる労使協定と異なる点です)。

したがって、労働組合のない会社は、定期券の現物支給はできません。

賃金の現物払いを厳しく規制する趣旨はよく分かるのですが、通勤定期券については杓子定規にすぎる気もしますが…。

前へ  次へ

関連リンク

(41)賃金(1)

(42)賃金(2)

(43)賃金(3)

(44)賃金(4)

roudouhou162_shuugyoukisoku_joubun42.htm

(45)賃金(5)

(46)賃金(6)〜休業手当と平均賃金

(47)賃金(7)〜賃金の非常時払い、端数計算

(48)賃金(8)〜均衡処遇と賃金


就業規則作成講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp