本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

社会保険実務講座

家族に変動があったとき

社員の家族状況に変動があった場合、社会保険の手続きが必要です。

社会保険の目線でいう「家族状況の変動」というのは要するに扶養家族の増減。

扶養家族に増減があった場合、「健康保険被扶養者(異動)届」」を管轄年金事務所または健康保険組合に提出します。

その際に、所得証明、年金通知書など、対象家族の収入が確認できる書類を添付します。
ただし、所得税法上の控除対象配偶者・扶養親族となっている場合は不要です。


以上が、扶養家族増減の際に行う共通的な手続ですが、扶養家族の増減には、出産、結婚など、いろいろな事由があります。

以下、事由別に固有の手続きをご説明していきます。


<結婚し、配偶者を扶養する(結婚前は会社勤めだった)>
<夫婦共稼ぎだったが、配偶者が会社を辞めることになった>

上記の場合、配偶者は第2号被保険者から第3号被保険者になります。
そのため、「国民年金第3号被保険者資格取得等届」を年金事務所に提出します。

実務的には、「健康保険被扶養者(異動)届」」の3枚複写の3枚目がそれになっています。


<子供が生まれた>

出産、育児については、項を改めてご説明します。


<家族が死亡した>

健康保険から埋葬料(埋葬費)が支給されます。

健康保険被保険者・家族埋葬料(費)支給申請書を健康保険協会または健康保険組合に提出します。

死亡診断書、健康保険被保険者証、領収書(埋葬費の場合)を添付します。

提出期限は特に定めれていませんが、時効は2年なので、当然それまでには出すようにします。

2015.12.9

前へ  次へ

関連リンク

健康保険〜家族を扶養するとき(1)

健康保険〜家族を扶養するとき(2)

健康保険〜家族を扶養するとき(3)

健康保険〜家族に変動があったとき


社会保険実務講座目次

社会保険、就業規則のことでご相談のある方
こちらまでお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp