本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

社会保険実務講座

健康保険・入社のときの手続(4)〜標準報酬の決定

社員を採用し、健康保険・厚生年金保険の資格を取得する際には、「標準報酬」を決めなくてはなりません。

これは、「みなし賃金」ともいうべきもので、賃金額の範囲に応じて設定されます。

たとえば、賃金額が210,000円〜230,000円の範囲だったら、標準報酬は220,000円となっています。
この「220,000円」という金額を元に保険料が算定され、あるいは将来の年金額が計算されます。

賃金額と標準報酬の関係がどうなっているのかは、「健康保険・厚生年金保険標準報酬月額保険料額表」に出ています。


入社時、すなわち資格取得時には、賃金額と、それに対応する標準報酬月額を記載します。
(入社後も賃金額は変動します。その場合の手続きは追ってお話しします)。

この「賃金額」ですが、月給者であれば、月給額、すなわち、所定内賃金と所定外賃金額(時間外手当等)の見込み額、そして通勤手当1ヶ月分を合計します。

時間給や日給の場合は、1ヶ月の見込み額を計算して記載します。


2015.11.25

前へ  次へ


健康保険〜入社のときの手続(1)

健康保険〜入社のときの手続(2)

健康保険〜入社のときの手続(3)

健康保険〜入社のときの手続(4)〜標準報酬の決定


社会保険実務講座目次

社会保険、就業規則のことでご相談のある方
こちらまでお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp