毎年の算定基礎届

社会保険では毎年9月に原則として全被保険者を対象に、標準報酬の見直しを行います。
そのために会社は、全被保険者の4月~6月の賃金平均額を計算し、届け出ます。

対象者を確認します

たとえば…
・6月1日以降の入社者は対象になりません。
・7月~9月に月額変更が行われる人は対象になりません

対象となる賃金を確認します

・たとえば慶弔費などは対象になりません。
・通勤費を数ヶ月分の定期代として支給している場合は、月割にします

賃金支払基礎日数を確認します

支払基礎日数が17日未満の月は対象にしません。(短時間労働者を除く)

4月~6月の賃金平均を計算、算定基礎届けを作成し届け出ます