定年を迎えた社員を再雇用するとき

社員が60歳の定年で退職し、嘱託などで再雇用され、賃金が低下した場合、標準報酬(保険料)を再雇用の月から下がることができます。
また、再雇用後の賃金額によっては雇用保険から給付金を受けることができます。

再雇用者の状況確認

◆再雇用後の賃金、労働時間など

(賃金が低下した場合)
◆60歳到達時前6か月間の賃金台帳、出勤簿
◆生年月日を確認できる書類、預金通帳の写し

再雇用直後

賃金が低下した場合、社会保険の資格喪失・資格取得手続(同日得喪手続)を行います

再雇用から2ヶ月経過時点

60歳到達時の賃金登録と高年齢者雇用継続給付金の手続を行います。
◆60歳到達時等賃金証明書 ※60歳到達時点でもOK
◆高年齢雇用継続給付資格確認票・支給申請書

※以後、2ヶ月に1回のペースで支給申請