本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

人事・労務講座

裁量労働制と管理監督者は違う

労働時間制度にはいろいろなバリエーションがあるというお話をしましたが、今回から、いくつかポイントになることをお話しします。

今回は裁量労労働制と管理監督者の適用除外について。

裁量労働制適用者を、管理監督者と同じように考えている人が少なくありません。
しかし、これは大いなる誤解。

裁量労働制は、労働時間を「みなす」ということであって、労働時間や休日の規制は適用されます。

ここが、規制の適用が除外される管理監督者と根本的に異なるところ。

確かに、裁量労働制も、制度の作り方によっては毎月の賃金を定額にすることは可能です。(この点については項を改めてお話します)。
そのため、一見すると管理監督者と同じように見えます。

しかし、裁量労働制が適用されても、時間外手当は支払われています。
と言うか、支払わなくてはいけません。

また、基本給などに混ぜ込んではならず、「時間外手当」として明確に区分してなくてはなりません。

「裁量労働制だから労働時間の規制は適用除外になる」とか「労働時間の管理は一切しなくていい」というわけではありませんので、要注意です。

前へ  次へ

関連リンク

2つの裁量労働制〜専門業務型と企画業務型

裁量労働制の導入手続きに関する問題

裁量労働制と管理監督者は違う

裁量労働制での労働時間のみなし方

企画業務型裁量労働制(1)〜対象事業場

企画業務型裁量労働制(2)〜対象業務

企画業務型裁量労働制(3)〜対象業務の具体例

企画業務型裁量労働制(4)〜対象労働者、みなし労働時間

企画業務型裁量労働制(5)〜健康及び福祉の確保措置、苦情処理

企画業務型裁量労働制(6)〜労使委員会、定期報告

専門業務型裁量労働制(1)

専門業務型裁量労働制(2)〜対象業務

専門業務型裁量労働制(3)〜健康・福祉確保措置、苦情処理措置


労働時間、残業管理の法律講座目次

人事・労務講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー


無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp