本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

人事・労務講座

柔軟・分散勤務にどう取り組むか

2011年夏の節電は、働き方を見直すきっかけにもなりました。必要に迫られて実行したところ、実は想定以上・想定外の効果があがったという例が少なくありません。
一方、課題も浮き彫りになっています。

在宅勤務のような柔軟な勤務制度は、介護・育児支援といったワークライフバランスの推進とそれによる人材の引きとめ、生産性・創造性の向上という目的があります。

一方、導入には課題もあります。

技術的には、セキュリティの問題。

労務的には次の3つがポイントになります。

  • 適用対象者の自己管理能力
  • 仕事環境 ・コミュニケーション

以前、新聞でも、こんな事例が紹介されていました。

・緊急連絡を入れたら、家族が出て「犬の散歩に出ています」
・「図書館で仕事中」という申告に疑問をもった上司が調べたところ、該当の図書館は休館

こういうのは論外としても、在宅で仕事をしていると、私生活との境目が曖昧になりがち。 また、たるんでしまうということもあります。

また、自宅が仕事に適した環境かどうかという点も重要です。

「仕事に集中できない」 「妻から気が休まらないと言われた」 こんなこともあります。

・自己管理能力のある社員に適用する。
・在宅勤務の環境を事前に確認する。

こうした事前の対策に加え、在宅勤務などの「分散勤務」の前後でアウトプットがどうなっているかをチェックする仕組みなども必要でしょう。

(2011年10月18日)

関連リンク
柔軟・分散勤務にどう取り組むか
事業継続と在宅勤務
在宅勤務導入のポイント

前へ  次へ

労働時間をめぐるトピック

労働時間、残業管理の法律講座目次

人事・労務講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp