本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

人事・労務講座

事業継続と在宅勤務

在宅勤務は、非常災害時に有効な手段です。
東日本大震災では、出勤困難者が続出しました。 そのような場合でも、在宅で勤務できる環境ができていれば、業務への悪影響を軽減もしくは最小限にすることが可能です。

と言っても、何かコトが起こった時点で、急に在宅勤務をやろうと考えても、無理があります。

目先のことでいえば、通信インフラ、セキュリティなどの技術的な問題が出てきます。
また、在宅勤務時の勤怠管理や人事評価といった労務管理上の問題もあります。

何より重要なのは、在宅で行う業務の切り分けでしょう。 これがきちんとできていないと、在宅勤務のために業務効率が落ちたり、業務が混乱したりといったことが起こります。

それを防ぐためには、業務フローを整備し、可視化しておくことが必要です。
それらがうまくいけば、在宅勤務でも生産性が落ちないばかりか、むしろ生産性が上がることになります。

在宅勤務は、事業継続や危機管理という側面で注目を集めていますが、そもそもは、「生産性・創造性の向上」、「両立支援」の2つの観点から導入が進められたという経緯があります。
それに、「オフィス効率の向上」という副次効果が加わります。 「時間や場所に囚われない新しい働き方」ということです。

そう考えると、在宅勤務は、次の3つの観点から検討を進めるのがいいですね。

  1. 生産性、創造性の向上
  2. ワークライフバランス
  3. 事業継続

この3つの視点を基本に、業務を次の3つの切り口で整理します。

  1. 在宅勤務で生産性、創造性の向上が期待できる業務
  2. 在宅勤務が可能な業務、生産性が落ちない業務
  3. 在宅では不可能な業務

その上で、次の3つの形態を考えます。

  1. 全部在宅
  2. 部分在宅
  3. 期間限定在宅

在宅勤務は、危機管理と企業業績の両面から、有効な勤務体制です。 前向きに検討されることをお勧めします。

関連リンク
柔軟・分散勤務にどう取り組むか
事業継続と在宅勤務
在宅勤務導入のポイント

前へ  次へ

労働時間をめぐるトピック

労働時間、残業管理の法律講座目次

人事・労務講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp