本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

人事・労務講座

改正育児・介護休業法の実務(3)短時間勤務制度(2)

改正育児・介護休業法では、3歳未満の子を養育する労働者に対する、短時間勤務制の導入が義務付けられました。

◆短時間勤務制度とは

この短時間勤務制度とは、1日の所定労働時間を原則として6時間とすることを指します。
ただ、元々の所定労働時間が7時間45分の事業所が、5時間45分にすることなどは可能とされています。

したがって、所定労働時間を7時間に短縮しても、法の義務を果たしたことにはなりません。
ただし、所定労働時間を7時間か6時間のいずれかにするとして、本人の選択にゆだねるという方法は、問題ありません。

また、労働基準法第67条に、「育児時間」という規定があります。
これは、1歳未満の子を育てる女性から請求があれば、1回30分、1日2回の育児時間を与えなければならないというものですが、これは、育児・介護休業法の短時間勤務制度とは別ものです。

したがって、短時間勤務制度の適用を受けている女性労働者から育児時間の請求があれば、与えなければなりません。
ただし、就業規則、育児休業規程などで、「育児時間は育児短時間制度に含まれる」旨の規定を入れておき、別枠にしないことも可能です。

◆管理職などの適用除外

一定範囲の労働者は短時間勤務制度の適用除外にできますが、それとは別に、労働基準法第41条に定める、労働時間規制の適用除外者(管理監督者、機密事務取扱者、管理・断続労働従事者)は適用対象外です。

労働時間規制の適用がそもそもないのですから、当然と言えば当然ですが、労働時間の適用除外とするには、同法の定める要件が必要なので、要注意です。
一歩間違えると、名ばかり管理職といった問題を引き起こします。

◆対応策

前述の通り、短時間勤務制度は、義務となりました。 したがって、会社は、制度の導入、そして就業規則の見直しを行わなくてはなりません。

短時間勤務制度も労働時間に関する事項ですから、就業規則の「絶対的必要記載事項」です。
そして、制度の内容も、「6時間」とされています。

「当社はすでに短時間勤務制度を導入しているから大丈夫」と思っていたら、7時間の時短勤務だったということだと、違法ということになります。

現在の制度の内容、就業規則の記載−この2つを、しっかり確認しましょう。

前へ  次へ

関連リンク

(1)改正育児・介護休業法の概要

(2)短時間勤務制度(1)

(3)短時間勤務制度(2)

(4)短時間勤務制度(3)

(5)短時間勤務制度(4)

(6)残業の免除(1)

(7)残業の免除(2)

(8)残業の免除(3)

(9)子の看護休暇の拡充

(10)パパ・ママ育休プラス

(11)父親は育児休業を2回取ることが可能に

(12)専業主婦(夫)除外規定の廃止

(13)育児休業関連のその他の改正点(1)

(14)育児休業関連のその他の改正点(2)

(15)介護休暇の新設


人事・労務講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp