社員が退職するとき(1)社会保険の手続きは

社員が退職したときの手続きを、社会保険、雇用保険それぞれについて見ていきましょう。

まずは社会保険(健康保険、厚生年金保険)から。


退職の場合、会社は「資格喪失」という手続きをしなくてはなりません。

では、資格を喪失するのはいつなのか?
ここを正確に押さえておく必要があります。

社会保険の資格喪失日は、次のようになります。

・退職した日の翌日
・死亡した日の翌日
・被保険者が適用除外に該当した日の翌日。ただし、後期高齢者医療の被保険者となった場合は、資格取得日)
・事業所廃止、任意適用事業所の取り消しを許可された日の翌日
・70歳の誕生日の前日(※資格喪失するのは厚生年金保険のみ)

「健康保険・厚生年金保険資格喪失届」を、上記の資格喪失日から起算して5日以内に、所轄の年金事務所または健康保険組合に提出します。
その際に、健康保険被保険者証を添付します。

 

◆入社から退職までの人事、社会保険便利手帳INDEX◆

2019年05月24日