社員を採用したときの社会保険手続(10)~被保険者の範囲③

雇用保険の被保険者の範囲について、判断に迷うケースについて解説します。

◆役員
代表取締役は雇用保険の被保険者とはなりません。
取締役も原則として被保険者になりませんが、使用人兼務などで労働者的性格が強い場合は、被保険者となります。

◆学生
原則として被保険者とはなりませんが、次の場合は被保険者となります。

・卒業を予定していて、卒業後も引き続き同じ事業所で雇用されることになっている
・休学中
・定時制課程に在学している

◆パートタイマー
次のいずれの条件にもあてはまる場合は被保険者となります

・1週間の所定労働時間が20時間以上
・31日以上引き続き雇用されることが見込まれる

 

◆入社から退職までの人事、社会保険便利手帳INDEX◆

2019年05月23日