就業規則の実際(6)~採用(3)~身元保証人

身元保証とは

採用内定者や入社者に、身元保証書の提出を求める会社は多いと思います。

身元保証契約とは、従業員が会社に損害を与えた場合に、身元保証人が会社にその損害を賠償することを約するものです。つまり、身元保証人と会社との契約です。

◆身元保証人の責任

身元保証契約を結んだからといって、身元保証人に損害のすべてを賠償させることはできません。
使用者の過失の有無、身元保証を引き受けるに至った経緯等諸般の事情を考慮して裁判所が決定することとされており、通常は全額の賠償が命ぜられることはありません。

 

身元保証の期間

また、身元保証契約の有効期間を定める場合は5年を超えることはできません。また、期間を定めなかったときは、契約のときから3年とされます。

 

身元保証書の提出を拒否されたら

採用時の必要書類を、正当な理由無く提出しない場合、懲戒処分の対象となります。
これは問題ありません。

では、「採用取り消し」、つまり解雇処分まで可能でしょうか?

これは、①提出書類が入社後の業務遂行や諸手続きを行うに当たって必要性の高いものであるか、②書類の不提出によって雇用関係に重大な支障が生じるか、③当該書類の提出が採用の条件とされているか、などによって、有効性が判断されます。

身元保証書については、従業員の故意または過失によって会社に生じ得る損害がどの程度の大きさであるか等が考慮されます。

 

◆就業規則作成講座INDEX◆

 

2018年12月25日