退職、解雇をめぐるトラブルと就業規則①~自己都合退職はいつまでに会社に言うべきか①

現在勤務している会社から転職することにしたAさん。
転職先が決定し、3週間後に入社して欲しいと言われました。

そこで上司に話をしたところ、「そんなに早く退職されては困る。引継や客先への挨拶回りを考えたら、最低でも2ヶ月先にするのが当然だ」と言われてしまいました。

◆問題の所在

自己都合退職、すなわち社員が自分の意思で会社を退職することを、「辞職」とか「合意退職」などといいます。
実はこの両者は、厳密に言うと異なるのですが、ここでは特に区別しません。

自分から会社を辞める場合、円満に退職するのがベストです。
業務引き継ぎや挨拶回りなどを滞りなく済ませ、「発つ鳥後を濁さず」といきたいところです。

しかしながら、退職する人にも事情があります。
特に転職する場合、転職先の会社をいつまでも待たせるわけにはいかないでしょう。

こうしたことに、どう折り合いをつけていけばいいのでしょうか。
ここでポイントになるのが、退職を会社に申し出る時期です。
これを考えるにはまず、自分から辞める場合について、就業規則にはどのように書かれているのかを見るところから始めていきます。

 

◆◆働く人のための就業規則講座目次はこちらです◆◆

2019年12月02日