労働時間をめぐるトラブルと就業規則⑫~休日出勤命令は拒否できる?⑤

◆あなたが上司なら

これまで述べてきたとおり、休日出勤を命じる場合、個人の事情も十分考えないといけません。
「業務命令だ」の一辺倒ではダメです。

「無理です」と言われたら、要員を入れ替える、誰かと出勤日を入れ替えるよう指示するといった代替策も検討すべきでしょう。

あるいは、追加出勤の必要が出た時点でカレンダーを配って、部員たちに出勤可能な日を書かせるというやり方でもいいですね。

いずれにしても、上司は、部員が働きやすいよう気を配り、命令を部下が受け入れやすい状態、さらには、積極的に応じようという気にさせる状態にするべきです。
残業命令や休日出勤命令は、その最たるものでしょう。

そうすることが、部署の目標を達成し、上司としてのの業績を上げることになるのです。

 

◆◆働く人のための就業規則講座目次はこちらです◆◆

2019年11月14日