労働時間をめぐるトラブルと就業規則⑨~休日出勤命令は拒否できる?②

◆残業・休日出勤命令について

 

ここで、この会社の就業規則の時間外・休日出勤に関する規定を見てみましょう。
そこには、このように書いてあったとします。

「会社は業務上必要のあるときは、第○条所定の労働時間を超え、または第○条所定の休日に労働させることがある。社員は正当な理由無くこれを拒んではならない。」

ここに書いてあることを整理すると次のようになります。

・会社は業務上の必要があれば残業・休日出勤を命じることができる。
・社員は正当な理由がなければ命令を拒否できない。

逆の見方をすれば、正当な理由があれば、残業・休日出勤を拒否することもできるということになります。
つまり、残業・休日出勤の必要性と社員の事情とのバランスということになるわけです。

 

◆◆働く人のための就業規則講座目次はこちらです◆◆

2019年10月31日