社員が出産、育児をするときの社会保険手続(6)

出産、育児の場合、保険料や標準報酬の特例が適用されます。


<社会保険料の免除>

産前産後休業期間中および育児休業期間中は、健康保険料、厚生年金保険料が免除されます。
本人負担分、会社負担分ともに免除されます。

免除期間であっても、被保険者資格はそのままです。また、標準報酬も変わりませんので、厚生年金の計算上は休業前の標準報酬が使われます。


・産前産後休業期間中の免除

免除期間は、産前産後休業開始日の属する月から、休業終了日の翌日の属する月の前月までです。

「健康保険・厚生粘菌保険産前産後休業取得者申出書」を事業所を管轄する年金事務所および健康保険組合に提出します。


・育児休業期間中の免除

免除期間は、育児休業を開始した日の属する月から、育児休業終了日の翌日が属する月の前月分までです。

「健康保険・厚生年金保険育児休業等取得者申出書」を事業所を管轄する年金事務所および健康保険組合に提出します。

育児休業期間が予定より延びた場合は、再度上記申出書を提出します。

また、予定より早く終わった場合は、「健康保険・厚生年金保険育児休業等取得者終了届」を提出します。

予定通りの場合は、何もする必要はありません。

 

◆入社から退職までの人事、社会保険便利手帳INDEX◆

2019年07月17日