36協定の結び方のポイント、時間外の上限規制⑤~36協定の特別条項①

36協定には時間外労働をさせることのできる時間数の限度時間が定められており、それを超える時間外労働は違法となります。
しかし、特別な事情で限度時間を超えてしまうことがある場合には、特別条項付きの36協定を締結します。

◆特別条項で協定する事項
・限度時間を超えて労働させることができる事由
・限度時間を超えて労働させる労働者に対する健康・福祉確保措置
・限度時間を超えた労働に対する割増率
・限度時間を超えて労働させる場合の手続

◆特別条項の限度時間

特別条項といえども、時間数は青天井ではありません。
次の範囲内にする必要があります。

①1ヶ月:時間外労働時間数と休日労働時間数の合計100時間未満
②1年:時間外時間数の合計が720時間以内
③1ヶ月の時間外労働時間数が45時間を超える月数は6ヶ月以内
④2ヶ月ないし6ヶ月:時間外、休日労働の合計で平均80時間以内

休日労働を含む場合と含まない場合、「以上」と「未満」などに注意をしてください。

◆2ヶ月ないし6ヶ月の限度時間

ここが少し分かりずらいところですね。

これはたとえば9月を起点に考えると--
・8月~9月の2ヶ月
・7月~9月の3ヶ月
・6月~9月の4ヶ月
・5月~9月の5ヶ月
--このいずれの期間をとっても平均80時間以内におさまらなくてはならないということです。

 

◆労働法・労働時間実務講座INDEX◆

2019年06月24日