賃金の決め方は「人基準」か「仕事基準」⑩~職能給、職務給、役割給をどう組み合わせるか

前回は、賃金制度を考える場合は、業務特性を踏まえてというお話をしました。
今回は、組み合わせの発想についてお話しします。

◆組み合わせて考える

前述の業務特性と関連する話です。

専門性高めていくことで会社に貢献する人と、複数の業務をマルチにこなることで会社に貢献する人がいる場合、両者を同じ基準で賃金を決めるのは不適当と思われます。前者は職務給、後者は職能給が向いているでしょう。役割給は、役割の定義の仕方によって、どちらにも適用可能です。

また、専門性を評価されて中途採用される人、新卒でも同様の採用のされ方をした人の場合は、職務の現在価値を反映した職務給の方が合うでしょう。一方、新卒などで長期にわたって育成・活用していくことが前提の場合は、職能給がベースになると思われます。

それ以外にも、育成途上の人と一人前の人、長期雇用の人と短期雇用の人など、様々なバリエーションがあり得ます。

また、1人の人の賃金でも、たとえば職能給と職務給・役割給を組み合わせるということも考えられます。

このように、賃金制度は単一でなければならないという決まりはありません。
会社の実情に合わせて、どのような賃金制度をどのように組み合わせていくかが賃金制度設計のポイントになるのです。

 

◆これからの人事・賃金制度INDEX◆

2019年05月24日