本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

非正社員、パートタイマー活用講座

正社員登用制度のつくり方(1)

パートタイマー、契約社員、派遣社員などの、いわゆる「非正社員」を正社員に登用する人事施策が注目を集めています。
正社員登用制度のポイントや留意点を数回に分けて解説していきます。

1.正社員登用制度のねらい

(1)正社員登用制度にはどんなパターンがあるか  

正社員、非正社員という言葉に明確な定義はありません。

一般的に正社員といえば、労働契約期間の定めなく雇用され、フルタイムで勤務する労働者を指します。
一方、非正社員は、正社員に該当しない労働者全般を指します。契約社員、嘱託、パートタイマー、アルバイト、派遣社員、請負社員などです。  

「非正社員」と一言でくくっても、雇用形態、雇用する動機、活用方法は実に様々です。また、派遣社員や請負社員のように、会社が直接雇用していないパターンもあります。
そのため、正社員登用制度にもいくつかのパターンがあります。

@正社員登用までのステップ

1)2ステップ方式  

パートタイマーなどの短時間労働者を、一旦、契約社員などの「フルタイム非正社員」とし、その中から改めて正社員を選別する方法です。  

それまでフルタイムで勤務したことのない人を、いきなり正社員にするのは会社として確信が持てないことがあります。
また、本人が躊躇することもあります。そのような場合に取られる方法です。  

また、派遣社員などを直接雇用する場合、まず契約社員として雇用し、自社社員としての適性を判定した上で正社員登用するという方法をとることもあります。

2)1ステップ方式  

上記のようなステップを経ず、ただちに正社員に登用する方法です。

A制度的枠組み

1)必要に応じて正社員登用する方法  正社員登用制度を特に設けることなく、正社員に欠員が生じるなどの必要が生じ、非正社員の中に適任者がいれば登用するというやり方です。

2)正社員登用制度を設ける方法  

正社員登用制度には次のようなパターンがあります。

<本人の希望を募る方法>

・正社員登用候補者を公募して選考する
・随時希望を受け付けておき、登用の必要性が生じたら、所定の方法で選考する

<会社が指名する方法>

・人事等級、人事評価などで一定の基準を設け、要件に該当した者から会社が選抜する

非正社員の戦略的活用を考える場合には、このような制度的枠組みを整備することが望ましいと言えます。

前へ  次へ

関連リンク

正社員登用のポイントは?

正社員登用制度のつくり方(1)

正社員登用制度のつくり方(2)


非正社員活用講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp