本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

非正社員、パートタイマー活用講座

パートタイマーの人事・賃金制度(10)〜賃金制度(1)

◆賃金体系

賃金体系とは、「賃金の決定基準をどうするか」ということを意味します。 これは、以前お話した「格付制度」とイコールになります。

つまり、こういうことです。

  • 職務基準−職務給
  • 役割基準−役割給
  • 職能基準−職能給

賃金はこの格付ランクに対応します。

たとえば職務基準だとどうなるか。
担当している仕事のランクが上がった場合、つまり仕事の難易度、責任の重さなどが高い仕事に変わった場合、職務等級が上がり、それに対応して賃金が上がります。 したがって、職務等級に対応した賃金テーブルが必要になります。

この点は、役割給、職能給いずれの場合でも同じです。

◆賃金形態

賃金の支払い形態には次のようなものがあります。

  • 時給制
  • 日給制
  • 日給月給制

パートタイマーで一般的な形態は時給制ですが、勤務時間のパターンがそれほど多くなければ、 日給制の方が管理しやすいかもしれません。
業務実態に合わせて適切な形態を選択します。

◆賃金項目

それでは、具体的にどのような賃金項目を設定するのがいいか、見ていきます。 (なお、名称は一般的なものを使っていますが、実際に設定する場合は、会社で適切な名称を考えてください)

<基本給>

文字通り基本となる賃金です。 ここを、先ほどお話した、職務給、役割給、職能給のいずれかにするのが一般的です。

<基準内手当>

次のようなものが考えられます。

  • 役職手当:パートタイマーを店長、リーダーなど何らかの役職につけた場合、所定の手当を支給するのがベターです。その方がモラールアップにもなります。
  • 精勤手当:1ヶ月などの一定期間の勤怠状況に応じて支給します。
  • 技能手当:スキルの向上に対して支給します。また、特別なスキルを身につけた人に支給するという方法もあります。

もちろんこれらの手当を設けるかどうかは、会社の考え方次第です。 たとえば、精勤手当は設けず、勤怠状況は人事評価に反映させるという考え方もあります。
また、基本給は時給、諸手当は月決めということにしてもOKです。

<時間外手当>

当然ですが、時間外手当などは法に則り支給しなくてはなりません。

時間外の割増率は次の通りです。

  • 残業:2割5分増
  • 深夜勤務:2割5分増
  • 休日出勤:3割5分増

深夜勤務とは、午後10時〜午前5時の勤務を指します。 したがって残業時間が深夜に及んだ場合、その時間については割増率5割となります。

ただし注意が必要なのは、この割増賃金支払義務は、あくまでも法定労働時間(1日8時間、1週40時間)を超えた場合及び法定休日(1週1日または4週4日)に仕事をさせた場合に発生するものです。

たとえば、1日の所定勤務時間が6時間の人に、いつもより1時間長く仕事をさせた場合、合計7時間なので、法定の8時間を下回ります。

したがってこの1時間分については、賃金支払義務は当然ありますが、 割増しにする必要はありません。 ここをどうするかは、会社の自由です。

<その他>

通勤手当など

前へ  次へ

関連リンク

パートタイマーの人事・賃金制度(1)

パートタイマーの人事・賃金制度(2)〜パートタイマーの意識を把握する

パートタイマーの人事・賃金制度(3)〜人事制度3点セット

パートタイマーの人事・賃金制度(4)〜格付制度(1)

パートタイマーの人事・賃金制度(5)〜格付制度(2)

パートタイマーの人事・賃金制度(6)〜格付制度(3)

パートタイマーの人事・賃金制度(7)〜格付制度(4)

パートタイマーの人事・賃金制度(8)〜人事評価制度(1)

パートタイマーの人事・賃金制度(9)〜人事評価制度(2

パートタイマーの人事・賃金制度(10)〜賃金制度(1)

パートタイマーの人事・賃金制度(11)〜賃金制度(2)

パートタイマーの人事・賃金制度(12)〜賃金制度(3)


非正社員活用講座目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー

TOP事業案内 | 経営理念 | 代表プロフィール | セミナー情報 | 就業規則コンサルティング | 労働時間コンサルティング | 非正社員活用コンサルティング | 助成金/社会保険 | 就業規則作成講座 | 人事・労務講座 | 非正社員活用講座 | 社会保険実務講座

無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp