人事評価制度詳細設計

評価項目定義

各評価項目の定義、着眼点、対応する業務例を、職種や等級ごとに設定していきます。

目標管理

目標管理を導入する場合、制度の詳細を決めていきます。

  • 目標の定義(制度が対象とする範囲):数値目標・定性目標、結果・プロセスなど
  • 目標管理導入範囲:全社、一定階層以上、一定職種のみ、など
  • 設定項目:ウェイト、難易度、重要度、期限など
  • 中間レビューの有無
  • 目標変更の場合の対応

総合評価の導き出し方

評価項目ごとにつけられた評価を最終的にどのような方法で集約するかを、評価ウェイト、難易度なども考慮して決定します。

評価フロー詳細

一次評価、二次評価の位置けを明確にし、それぞれの評価者が評価する際の着眼点を設定します。

併せて、上位者が評価に疑義を感じた時の対処法も決めます。
また、評価調整会議を設定する場合は、そのメンバー、運用ルールなどを決めます。

フィードバック

フィードバックの実施者、実施時期・手続き、実施者の評価と最終評価が異なる場合の対応などを決めます。