昇給などがあったとき

昇給などで固定的賃金(時間外手当などの変動的賃金を除いたもの)に上がり・下がりがあったときは、標準報酬を改定します。

1.賃金変動状況を確認します。

2.変動があった場合、変動月から3ヶ月分の賃金の平均額を計算します。
ただし、支払基礎日数が3ヶ月とも17日以上あることが必要です。

3.標準報酬に2等級以上の差がある場合、月額変更届を提出します。

※標準報酬の改定は変動月から4ヶ月目になります