本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

メルマガバックナンバー

2013/7/9号
人事評価に不満はつきもの…では、どう対応する?(1)
「ブラック企業」って何?

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
* メルマガ「人材を戦力化する制度とノウハウ」 *
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*


2013/7/9号


本日のコンテンツ

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
1.セミナー「就業規則の見直し方入門」のご案内
2.人事評価に不満はつきもの…では、どう対応する?(1)
3.「ブラック企業」って何?
4.人事・労務ニュース
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*


みなさま、こんにちは。
HRMキャリアサポートセンター/社労士事務所HRMオフィスの杉山です。
このメルマガは、名刺交換をさせていただいた方、小冊子、セミナー、相談コーナーをご利用になった方に配信させていただいています。
(配信停止をご希望の方は、本メール末尾をご覧ください)

東京は梅雨が明け、凄まじい猛暑です。
皆様、熱中症には十分気をつけてくださいね。

かと思うと、夕方になって急に雲が広がり、ゲリラ豪雨。
いまこれを書いている最中に、もの凄い音が。落雷があったようです。

梅雨時以上に、朝の天気予報のチェックは必須ですね。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
1.セミナー「就業規則の見直し方入門」のご案内
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

7月29日にセミナー「就業規則の見直し方入門」を開催します。

セミナーの詳細、お申し込みはこちらから!

http://www.hrm-solution.jp/sconsul_tokuchou.html#shuugyoukisoku


就業規則の見直し方には、テクニックが要ります。
どこをどのように見ればいいのか、ということですね。

セミナーでは、この「就業規則の見直し方」を分かり易くお伝えします。

終了後、希望者の方を対象に「就業規則勉強会」も開催します。

皆様のご参加をお待ちしています。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
2.人事評価に不満はつきもの…では、どう対応する?(1)
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

◆人事評価に不満をもつ人は多い

と言うより、満足している人の方が少ないでしょう。

不満が出ないとしても、それは、次のいずれかの場合であることが少なくありません。

・人事評価に無関心であるか、「こんなものか」と諦めてしまっている
・人事評価は行っているが、賃金などの処遇に関係がない、あるいは、あってもほとんど差がつかない

これらは、何かあれば不満が表面化する可能性が強いです。
いわば「潜在的不満層」と言えるでしょう。


評価に不満があるということは、つまり「公平でない」と感じるということです。

「公平感」にも、「結果の公平感」と「手続き・プロセスの公平感」の2種類がありますが、ここでは、「結果の公平感」について見ていきましょう。


◆ほとんどの人は、自己評価は高めになる

低めの自己評価をする人もいますが、それは大概、「おまえは自信過剰だ」と言われないようにするためか、自己評価を高くしたが故に責任の重い仕事が回ってくるのを避けるためであったりします。

要するに自己防衛。
ホンネは「自分はできる社員だ」と思っているものです。

(もちろん、本当に謙虚な人もいますが)。

そう考えていくと、人事評価に不満が出るのは、避けられない問題ということになります。

なかなかに悩ましい問題ですね。

しかし、そう言っているだけでは仕方がありません。

この問題を次回から考えていきましょう。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
3.「ブラック企業」って何?
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

「ブラック企業」なるコトバが世の中に出回って2年ぐらいになりますね。

就活学生の間で言われるようになったのが最初だと私は思っていますが。
(そうではないということであれば、ご指摘ください)

サービス残業とかセクハラ・パワハラ、不当解雇など、労務問題を起こしている会社を指すコトバ。

何か問題を起こした会社が、「ブラック」と名指しされているようです。

実際のところ、どうなのか。

たとえば、問題管理職がパワハラを起こしたとしても、会社全体がそうなのかどうかは、別問題。
もちろん、それを放置していたら問題ですが。


どの会社も何かしら問題を抱えています。
問題のない会社など、多分ひとつもないでしょう。

私がその中で、とりわけ問題を感じるのは、経営者の方針がはっきりしない、あるいは、口で言う方針と実際にやっていることに著しいギャップがあるケースです。

こういう会社は、ほぼ間違いなく、社員が会社に不信感をもっています。
こちらも対応に苦慮します。

会社のやり方が厳しいからでは必ずしもありません。
もちろん限度はあるし、違法なことは当然NGですが。

ただ、もし「ウチは実力主義でいく」という方針を立て、実際にそのように人事を運用しているのであれば、それでいいわけです。

あるいは、「ウチは家族主義経営だ」ということなら、それと矛盾しない人事制度、人事運用をすべきです。

はたまた、その折衷ということなら、その中身を明確にすればいい。

こうしたことが、何だかよく分からなくなっているのが、一番宜しくありません。

「こんなことしたらブラック企業と言われるのではないか」などと考えるより、「ウチの人事ポリシーは何なのか」を考える方が有益かと。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
4.人事・労務ニュース
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*


<採用・雇用>

5月の完全失業率4.1%(労働力調査)
http://www.stat.go.jp/data/roudou/sokuhou/tsuki/index.htm

5月の有効求人倍率0.90倍(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r985200000354jt.html

障害者雇用に係る税制上の優遇措置(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyou/shougaisha/intro-yugusochi.html


<賃金、退職金、人事制度>

5月現金給与総額、前年同月と同水準(厚生労働省)
  http://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/monthly/25/2505p/dl/pdf2505p.pdf


<社会保険、労働保険>

雇用保険の基本手当日額引き下げ 8月1日から(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000035j9j.html

業務上疾病の範囲、胆管がんなど21疾病追加を提言(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000035viv.html


<その他>

就職した会社で「定年まで勤めたい」と答えた割合は30.8%で過去最高(平成25年度「新入社員働くことの意識」調査 日本生産性本部・日本経済青年協議会)
http://activity.jpc-net.jp/detail/lrw/activity001381.html

企業における高度外国人材の受入れと活用に関する調査(労働政策研究・研修機構)
http://www.jil.go.jp/institute/research/2013/110.htm

13/06/27 厚生労働省
次代の安全の中核を担う人材育成好事例集(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/anzen/jinzai_koujirei.html

いきいきと働く女性が企業の宝 〜職場での女性の活躍を推進する「ポジティブ・
アクション」のご紹介〜(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/bunya/koyoukintou/seisaku04/110528-01.html

外国人技能実習実施機関への監督指導の状況など公表(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000035v78.html


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇       ご相談をお受けします           ◆
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・いい人材を採用したい
・採用した人の定着、戦力化をしたい
・賃金制度を見直したい
・残業時間を削減したい
・就業規則を見直したい
・メンタルヘルスに対応しなくてはならない
・労務トラブルが起こった
・助成金をもらいたい

〜〜ご相談に対応します!

<メール相談はこちらから>
http://www.hrm-solution.jp/otoiawase.html

<電話相談はこちらから>
03-6760-5625


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
【発行】
社労士事務所HRMオフィス/HRMキャリアサポートセンター
  〒178-0084
  東京都練馬区氷川台4-25-8
  tel:03-6760-5625
  mailto:office@hrm-solution.jp
  http://www.hrm-solution.jp

社労士事務所HRMオフィス
 特定社会保険労務士 杉山 秀文
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
※登録者の情報は社労士事務所HRMオフィスにて管理させていただいております。


※配信停止をご希望の方は、次のメールアドレスへ、「メルマガ配信停止希望」という表題でメールをお送りください。
(メール本文にお名前をご記入ください)

office@hrm-solution.jp

バックナンバー目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー


無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp