本文へスキップ

就業規則 社会保険労務士

運営:社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

TEL. 03(5665)3570

〒135-0052 東京都江東区潮見2-9-15
mailto:office@hrm-solution.jp

メルマガバックナンバー

2013/7/2号
人事評価の「甘辛調整」はどうする?Part3

*−−−−−−−−−−−−−−*
* 人材活性化ニューズレター *
*−−−−−−−−−−−−−−*

2013/7/2号


本日のコンテンツ

*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
1.セミナー「就業規則の見直し方入門」のご案内
2.人事評価の「甘辛調整」はどうする?Part3
3.人事・労務ニュース
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*


みなさま、こんにちは。
HRMオフィス/ACEヒューマンキャピタル/の杉山です。

このメルマガは、名刺交換をさせていただいた方、小冊子、セミナー、相談コーナーをご利用になった方に配信させていただいています。
(配信停止をご希望の方は、本メール末尾をご覧ください)

先日、人事評価制度のセミナーに参加してきました。
定期的に仕込をしないと、頭が錆びついていきますもので…
やはり直接話を聞くと、本を読むだけでは得られない知見があるものですね。
研鑽を積んで、より良いサービスを提供していきたいと思っています。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
1.セミナー「就業規則の見直し方入門」のご案内
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

7月29日にセミナー「就業規則の見直し方入門」を開催します。

セミナーの詳細、お申し込みはこちらから!

http://www.hrm-solution.jp/sconsul_tokuchou.html#shuugyoukisoku


就業規則の見直し方には、テクニックが要ります。
どこをどのように見ればいいのか、ということですね。

セミナーでは、この「就業規則の見直し方」を分かり易くお伝えします。

終了後、希望者の方を対象に「就業規則勉強会」も開催します。

皆様のご参加をお待ちしています。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
2.人事評価の「甘辛調整」はどうする?Part3
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

人事評価の調整にあたって見るのは、次の2つになります。

@評価結果の分布状況
A評価シートに記載された評価理由


今日はこのうち、Aの「評価シートに記載された評価理由」についてお話します。


人事評価で大事なのは、「事実に基づいた評価」ということです。

別の言い方をすると、「印象や感情で評価をしない」ということ。

ただ、「事実に基づいた評価をしましょう」と言うだけでは、なかなかうまくいきません。

そこで重要なのが、人事評価シートの作り方になります。

もちろん、何でもかんでも書くようにすればいいというわけではありません。

そんなことをしていたら、評価者はたまったものではありませんし、材料がありすぎると、かえって適正な評価ができなくなります。

できるだけシンプルに、でも、必要な情報は集めるようにするのがポイント。

私も、ここの作りは、クライアントさんと密に打ち合わせて進めています。


「事実に基づいた」ということは、評価調整も同じです。

考えてみると、自分の知らない部署の評価を見るのが難しいのは、業務を知らないためです。

もちろん、業務そのものを完全に理解するのは、実際にその業務を経験しない限り無理でしょう。

でも、そうでなければ評価ができないのであれば、人事評価ができるのは、その部署出身の人だけということになります。
他部署から異動してきた管理職も、評価はできません。

それでも、評価ができるのは、その人の業務行動や業務成果が、部署全体の中でどのぐらいのレベル感なのかをつかんでいるからです。

ということは、評価においても、部下の行動事実、業務成果の具体的な中身とレベルが、第三者にも分かるようにすることが必要だということです。

人事評価制度では、このようなことが可能になるような制度設計・評価シートの設計と、運用がポイントになってくるわけですね。

そのような目線で、御社の人事評価制度を見直してみてください。


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
3.人事・労務ニュース
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*

<賃金>
2012年度未払賃金立替払総額、約175億円(厚生労働省)
http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r98520000034s0x.html


<社会保険、労働保険、安全衛生、メンタルヘルス>

2012年度「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」 精神障害の労災認定件数が過去最多に(厚生労働省)
http://www.jil.go.jp/kokunai/mm/gyousei/20130626.htm

厚生年金基金制度の見直しに向けた改正法が公布
http://kanpou.npb.go.jp/20130626/20130626g00135/20130626g001350002f.html


<その他>

2013年版「男女共同参画白書」
http://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/index.html

「労働関係法令に係るコンプライアンス・チェックテキスト」(秋田労働局)
http://akita-roudoukyoku.jsite.mhlw.go.jp/jirei_toukei/pamphlet_leaflet/roudoujikan_kyujitsu_kyuka/_118184.html



◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
◇       ご相談をお受けします           ◆
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

・賃金制度を見直したい
・残業時間を削減したい
・就業規則を見直したい
・メンタルヘルスに対応しなくてはならない
・労務トラブルが起こった
・助成金をもらいたい

〜〜ご相談に対応します!

<メール相談はこちらから>
http://www.hrm-consul.com/contact.html

<電話相談はこちらから>
03-6760-5625


*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
【発行】
社労士事務所HRMオフィス/ACEヒューマンキャピタル
  〒178-0084
  東京都練馬区氷川台4-25-8
  tel:03-6760-5625
  mailto:ace@hrm-consul.com
  http://www.hrm-consul.com

社労士事務所HRMオフィス
 特定社会保険労務士 杉山 秀文
  http://www.hrm-solution.jp


(ACEヒューマンキャピタル)
オフィスヤマキ
 特定社会保険労務士 八巻 裕香
*−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−*
※登録者の情報は社労士事務所HRMオフィスにて管理させていただいております。


※配信停止をご希望の方は、次のメールアドレスへ、「メルマガ配信停止希望」という表題でメールをお送りください。
(メール本文にお名前をご記入ください)

ace@hrm-consul.com

バックナンバー目次

就業規則や人事・労務管理のことでご相談のある方
こちらまで、お気軽にお問い合わせください。

HRMオフィス相談コーナー


無料小冊子、メルマガ/社会保険労務士

ナビゲーション



「人事実務」
2015年11月号特集
「無期化を見すえた人材発掘」

「経理ウーマン」
2015年12月号
「会社を労務リスクから守るための就業規則のつくり方」

「月刊人事マネジメント」
2015年7月号特集
「朝型勤務推進ガイド」


「月刊経理ウーマン」
2015年6月号
「働く女性が知っておきたい
「公的年金」の基礎知識」

バナースペース

社会保険労務士法人ヒューマンキャピタル

〒135-0052
東京都江東区潮見2-9-15

TEL 03(5665)3570
FAX 03(5665)3571
mailto:office@hrm-solution.jp